暦を支配した権力者たち

紀元前8世紀

紀元前8世紀、ローマ皇帝ロムロスによる『ロムロス暦』は10か月、1か月を30日と31日にし304を1年とした。年の初めは、春。寒い季節の間は暦に入れなかったのだ。こんなおおらかな考えは長く続かない。同世紀末、皇帝ヌマは10月のあとに2か月を加え、1年を12か月とした。月の周期で計算すると、1年は354日となるが、奇数を尊ぶ当時の習慣から355日に決めた。

 

紀元前153年

紀元前153年になって、3月の前に2か月を置く『ヌマ暦の改革』が行われた。これで7番目の月、SEPTEMBERが9番目の月に繰り下がってしまい、「9月」となったのである。

 

紀元前46年

紀元前46年、皇帝ユリウスによって用いられた『ユリウス暦』で、1年は365日となり、奇数月を31日、偶数月を30日とした。ところが、のちにオーガスターという皇帝が自分の生まれた8月を自分の名に変え、31日にしてしまった。7、8月と大の月が続くことになり、いろいろ手直しした結果、2月を2日縮めて28日に決めた。こんな皇帝が現れなければ、私たちは今、小の月は「2・4・6・9・11」(にしむくさむらい)などと覚えずにすんだのです。

 

16世紀

時代はくだって16世紀になると、暦と実際の季節との違いが大きくなった。昼と夜の長さが同じになる春分を、暦の上で3月21日と決めたものの、実際には3月11日が春分となってしまう。そこでローマ法王グレゴリオ13世は「年号が4の倍数の年を閏年」として、調整した。いわゆるグレゴリオ暦である。そして、これまでのズレを改めるために、1582年10月5日の翌日を思い切って10月15日としてしまった。日本でも月の動きを元にした陰暦から太陽暦に切り替えた明治5年、12月2日の翌日を明治6年1月1日にするというあらっぽいことをやっている。時の権力者が勝手に暦を変えたことも多くあった。閏月を自分の都合に合わせて変えたり、月に自分の名前を付けたり。しかし、最高の権力者といえども、結局は自然の営みには勝てず、自然に歩みよる形で暦は改良されてきた。

インフォメーションインフォメーション
インフォメーションインフォメーション

ショッピングガイド

カレンダーの名入れ印刷について

弊社カレンダー商品には「名入れ印刷分」(黒一色分)の費用が含まれております。基本は基本一色(黒)となり、2色以上ご利用のお客様はご連絡下さい。ご相談の上、再見積り致します。※一部名入れ不可商品も御座います。

カレンダーに会社ロゴを印刷する場合

『新規「名入れ」作成を希望する』場合は新規名入れ型枠作成料金として「3,300円」が必要となります。また、以前ご注文頂いたお客様で新しく会社ロゴを作成し直す場合も名入れ型枠作成料金として「3,300円」が必要となります。

カレンダーの納期について

納期に関しましては、出来る限り迅速に対応させて頂いておりますが、制作内容・在庫状況・営業日・天候状況によりお時間を頂く場合がございます。予めご了承下さい。

お見積りについて

お見積りのご依頼に関しましては 50部以上 にて承らせて頂きます。予めご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。各商品のお見積りボタンよりお問い合わせください。FAXでのお見積りも受け付けております。下記ページからFAX専用見積もり依頼用紙をダウンロードできます。
>> お見積もりFAXはコチラ

お支払い方法について

クレジットカード・銀行振込・代金引換からお選びいただけます。お客様からのご要望にお応えして、さまざまなお支払方法をご用意しております。
お支払い方法

送料について

33,000円(税込)以上のご購入で送料無料となります。それ以外の送料は下記よりご確認ください。

返品・交換について

商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。商品には万全を期しておりますが、万が一不良品がございましたら、新しい商品と交換又は返金させていただきます。

ご注文・お問い合わせについて

メールでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間でお受けしております。定休日(日曜日・祝祭日)のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お問い合わせ先

株式会社宮内洋行
TEL: (0120)-888-652
FAX: (0120)-887-868
お問い合わせ時間:午前9時~午後5時
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日、弊社規定の休業日。