技術とデザインの急成長

印刷技術の向上

優れたカレンダーは、企業のイメージアップにもつながる。同業他社に劣るようなカレンダーだと、1年間は恥をかき続けることになる。企業のトップも関心を持たざるを得ない。これが優れたカレンダーを世に送る原動力となり、車の両輪のように印刷技術の向上をももたらした。30年遅れていた印刷技術を1日も早く取り戻す。

 

カレンダーは、『時代の証言』でもあります

「昭和20年代は紙も資材もない時代で、社名がやたらに多く、16~18世紀のヨーロッパの名画を使ったものが多かった。『もはや戦後ではない』の30年代になると、製品をスターの魅力で売り込むタイプが目立ってくる。37、38年ごろは美人ニッコリ型では飽きられ、いわゆるデザイナーの作品が登場してくるのですね」

 

カレンダーはその時代の企業の盛衰をも示す

「25年頃には、全国カレンダー展の出品は300社ぐらいで、紡績、紙、砂糖が景気がよかった『三白』時代には、そういう会社がいいカレンダーを作った」

カレンダーだからといって、洋数字ばかりを使うとは限らず、第41回のカレンダー展で通産大臣賞を受けたミサワホームの作品は、和数字だけを並べた。それも近松門左衛門が書いた字という意表をつくもの。その他にも数字の代わりに色や図形などを使ったカレンダーも存在した。

確かにカレンダーの役目は、一目で日々が分かるところにあるのだが、こうした気鋭のグラフィックデザイナーによる活躍も、今後、大いに期待される。

インフォメーションインフォメーション
インフォメーションインフォメーション

ショッピングガイド

カレンダーの名入れ印刷について

弊社カレンダー商品には「名入れ印刷分」(黒一色分)の費用が含まれております。基本は基本一色(黒)となり、2色以上ご利用のお客様はご連絡下さい。ご相談の上、再見積り致します。※一部名入れ不可商品も御座います。

カレンダーに会社ロゴを印刷する場合

『新規「名入れ」作成を希望する』場合は新規名入れ型枠作成料金として「3,300円」が必要となります。また、以前ご注文頂いたお客様で新しく会社ロゴを作成し直す場合も名入れ型枠作成料金として「3,300円」が必要となります。

カレンダーの納期について

納期に関しましては、出来る限り迅速に対応させて頂いておりますが、制作内容・在庫状況・営業日・天候状況によりお時間を頂く場合がございます。予めご了承下さい。

お見積りについて

お見積りのご依頼に関しましては 50部以上 にて承らせて頂きます。予めご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。各商品のお見積りボタンよりお問い合わせください。FAXでのお見積りも受け付けております。下記ページからFAX専用見積もり依頼用紙をダウンロードできます。
>> お見積もりFAXはコチラ

お支払い方法について

クレジットカード・銀行振込・代金引換からお選びいただけます。お客様からのご要望にお応えして、さまざまなお支払方法をご用意しております。
お支払い方法

送料について

33,000円(税込)以上のご購入で送料無料となります。それ以外の送料は下記よりご確認ください。

返品・交換について

商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換は原則としてお受けいたしかねます。商品には万全を期しておりますが、万が一不良品がございましたら、新しい商品と交換又は返金させていただきます。

ご注文・お問い合わせについて

メールでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間でお受けしております。定休日(日曜日・祝祭日)のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お問い合わせ先

株式会社宮内洋行
TEL: (0120)-888-652
FAX: (0120)-887-868
お問い合わせ時間:午前9時~午後5時
定休日:土曜日・日曜日・祝祭日、弊社規定の休業日。