名入れグッズ・オリジナルギフトの宮内洋行

2016年名入れカレンダー激安通販32,400円以上のご購入で送料無料!

宮内洋行 電話番号:0120-888-652









ショッピングカートを見る





トップページ


よくあるご質問


お問い合わせ


サイトマップ





名入れ商品メニュー
名入れカレンダー


超即納・短納期カレンダー

即納・短納期カレンダー

売切れ御免!小ロット即納

人気カレンダー

定番・文字月表

オシャレ文字月表

かわいい文字月表

3ヶ月カレンダー

ジャンボ文字月表

デスク・卓上カレンダー

ダイアリー・手帳

日めくり(名入日表)

ペット

ドッグ

キャット

フィルムカレンダー

建築・ハウジング

作家作品

外国人作家

日本人作家

イラスト

風景・庭

日本風景

世界風景

世界遺産

名言・格言・開運

自動車・乗り物

スポーツ(釣り・ゴルフ)

ジャンル一覧はコチラ

即納グッズ

必勝はちまき・手ぬぐい

名入れうちわ

オリジナル扇子

オリジナル必勝グッズ

名入れTシャツ&ウェア

名入れ帽子

名入れタオル

オリジナルバッグ

ポケットティッシュ




弊社の名入れ商品とは

ジャンル別検索

簡単無料見積



インフォメーション


会社概要



お客様に商品が届くまで



各種お支払い方法



送料



通信販売法に基づく表記



プライバシーポリシー



代理店のご案内



お支払い方法

安心・安全

宮内洋行



ホーム > カレンダーの歴史

カレンダーの歴史


カレンダーの歴史

暦を支配した権力者たち

世界に誇れるカレンダー


技術とデザインの急成長

カレンダーの素朴な疑問

コミュニケーションの基本




カレンダーの歴史

カレンダー=暦。一年間の行事を日を追って記したもの。

古代バビロニアでは、毎夜、僧侶達が、寺院の屋上に登っては、月やら星やらを、肉眼で観察した。月の満ち欠けが、一定の周期で行われることを知った彼らは、太陰暦を作り出した。

これが、ローマに受け継がれ、ローマの僧侶達も、絶えず、月を観測し、新月が、はじめて顔を見せた夜には、笛を鳴らして、市民に知らせた。そして、その次の日を、「月の最初の日」と定めて、金銭の清算をすることになっていた。それを「カレンダー」と言っていた。

すなわち、カレンダーは本来、「告知する・知らせる」という意味であったが、上述のように、次第に「金銭出納簿」の意味に変化した。
さらに金銭ばかりではなく、ついでにいろいろな行事を書き記した帳簿を意味するようになり、やがて今のカレンダーの意味に発展した。

現在のカレンダーはグレゴリアン・カレンダーである。

カレンダーの歴史をひも解いてみると元々はメソポタミアから始って、ローマがギリシャを征服して後にジュリアス・シーザーがエジプトを征服した時にエジプシャン・カレンダーがローマン・カレンダーに取り込まれてジュリアン・カレンダーが登場し、西暦526年にクリスチャンのアイデアでペーガン的な要素が取り除かれて、1582に更なる調整が行われてグレリアン・カレンダーが登場する。

ローマがギリシャを征服したのは紀元前146年で、彼等は独自のカレンダーの開発にいそしんだ。現在の私たちの使用するカレンダーは世界カレンダーを含めて殆どここが起点になり、ローマの月暦は公務員が道ばたへ出て言って新月が来た事を叫ぶ事から始ったらしい。

(Ind o-European root kel( = shout, calends = start of month)

そしてその日が15日(3月、5月、7月、9月、その他の月は13日)である事を通報したそう。
基本的にローマの暦は10ヶ月で1年を指し304日だった。

Martius (火星、戦いの神)
Aprilus (aperire =開く - 春の蕾み)
Maius (Maia, 妊娠の女神)
Junius (Juno, 月の女神)
Quintilis、Sextilis、September、October、November、December
(最後の存在はローマンナンバーでの5から10)

日本への伝来

日本に暦が伝来したことについては、日本書記に「553(欽明天皇14)年に百済へ暦博士の来朝を求めた」とあります。また、602(推古天皇10)年に、観勒が来朝して暦法を伝え、日本の学生に学習させた記録されています。七曜は弘法大師が「宿曜経」によってもたらされました。

現在の太陽暦(グレゴリオ暦)を使用するようになったのは1873(明治6)年からのこと。当初の「こよみ」は小冊子の形をとったものが主流で、始めは暦屋の団体である頒暦商社、明治16年からは伊勢の神宮司庁しか発行が認められませんでした。明治時代中頃から1枚刷りの引札略暦が大流行しました。日めくりは旧暦も併記され、美しい台紙に広告が入ったもので、中小商店や会社、銀行などが大量に作り、人々に配布しました。

今日、主流になっているカラー写真の月めくりカレンダーが流通するようになったのは、1945(昭和20)年以降です。







会員ログイン



ID.パスワードをお忘れの方



会員退会手続きはこちら

会員登録

ランキング


第1位


オリジナルはちまき









第2位


イベントはっぴ









第3位


ラッセルイベントキャップ









第4位


オリジナルカラーうちわ









第5位


必勝はちまき



メールマガジン登録



登録・修正・削除



購読の特典について

プレゼント企画



応募方法について

知識の泉



カレンダーの歴史



用語六曜十二支社



休日・祝日の歴史



うちわの歴史&豆知識

コラム



社長の独り言



社員日記



名入れオーダーメイドの宮内洋行社長日記